小笠原内科岐阜在宅ケアクリニック
診療時間 アクセス
小笠原内科岐阜在宅ケアクリニック

visiting nursing / rehabilitation

訪問看護・訪問リハビリ

TOP > 在宅診療 > 訪問看護・訪問リハビリ

小笠原訪問看護ステーション

訪問看護では、ご自宅で療養されている方、医療機器をつけたまま退院される方、通院が困難な方などに対し、かかりつけ医の指示のもと、看護師や療法士が様々なサービスを提供致します。

笑顔で話す看護師

小笠原訪問看護ステーションは、小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニックに併設されているので、在宅医療を行う上で、スムーズな連携を取ることができます。

小笠原訪問看護ステーションの理念

  • 病気があっても障害があっても、その人らしく、住み慣れた家で、安気に元気に暮らせるよう、医療や生活をサポ-トします。
  • 患者さんだけではなく、ご家族のケアも大切にし、身近な存在として寄り添うことのできる看護を提供します。

「小笠原訪問看護ステーション」の特徴

  • 1. 24時間365日いつでも訪問し、患者さんとご家族に安心と安全を提供します。
  • 2. 病気だけではなく、不安や悩みなど心のケアも行っています。
  • 3. 多職種と連携をスムーズに行うことのできるシステムを導入しています。(THP+など)
  • 4. 在宅ホスピス緩和ケアを提供しています。

■■■ THP+ とは? ■■■

THP+(ティーエイチピープラス)

THP+(ティーエイチピープラス)とは、患者さんの情報や写真をリアルタイムで閲覧することができる共有アプリです。(ご家族と患者さんに関わる多職種のスタッフのみが閲覧可能です。)
このTHP+利用によって、ご家族や多職種スタッフに情報が行き届きます。

THP+の詳細はこちら

「在宅ホスピス緩和ケア」とは

末期がんや心不全の重い病の患者さんに対し、痛みや苦しみのコントロールと心のケアを重視した在宅ケアのことを『在宅ホスピス緩和ケア』と言います

「小笠原訪問看護ステーションの
在宅ホスピス緩和ケア」の特徴

訪問看護って何をしてくれるの?

サービス内容の一例

  • 身体状況や病状の観察・健康管理
  • 機能訓練などのリハビリテーション
  • 在宅療養に関する相談・助言
  • 医療処置や医療機器の管理
  • ターミナルケア
    (がん末期などの療養援助)
  • 食事・排泄の援助
  • 褥瘡の処置や予防
  • 清潔(清拭・洗髪)等
  • 認知症患者の看護

訪問看護のしくみ

訪問看護のしくみ

利用開始までの流れ

利用開始までの流れ

訪問看護っていくらかかるの?

医療保険と介護保険の利用範囲内でサービスを受けていただくことができます。患者さまの年齢や疾患などによって自己負担額が違います。

訪問看護利用料金表
[2018年4月1日改定]

介護保険の場合の自己負担額
時間/要介護認定 要介護 要支援
一回あたりの料金 30分未満 467単位 448単位
30分~1時間未満 816単位 787単位
1時間~1時間30分 1118単位 1080単位
緊急時訪問看護加算(24時間連絡体制)
(1ケ月につき、574単位を所定単位数に加算)
1ケ月 574単位
特別管理加算
(カテーテル留置・在宅酸素療法などをしている方への加算)
1ケ月 250単位
または 500単位
交通費 無料

※横にスクロールしてご覧頂けます。

※当ステーションは、6級地にあるため介護保険法に則り、《10単位=10.42円》と換算致します。

医療保険の場合の自己負担額
基本利用料金
※保険証変更の際はご提示下さい
一般の方(70歳以上) 訪問看護に要する費用の1割
一定以上の所得の方(70歳以上) 訪問看護に要する費用の2割
交通費 指定地域 100円/1日
指定地域外 片道10km以上は300円/1日

※横にスクロールしてご覧頂けます。

詳しくは
『小笠原訪問看護ステーション TEL: 058-273-5250』
へお問い合わせください。

訪問リハビリ

「訪問リハビリテーション(以下、訪問リハビリ)」とは、患者さんのご自宅に、リハビリの専門職が訪問し、リハビリテーションを提供することです。

患者の足を拭いている看護師

当院では、患者さんが住み慣れた環境で、自分らしくいきいきとした生活ができるよう、全力でサポートさせて頂きます。
また、心身機能の維持・回復や、日常生活の自立を目指したリハビリを提供します。

訪問リハビリの対象となる人

当院の訪問リハビリは、
医療保険もしくは介護保険を利用したサービスになります。

介護認定されていない方でもかかりつけ医が必要と認めた場合は医療保険で受けることができます。

  • 在宅医療を受けられている方で、定期的にリハビリテーションの必要性がある方
  • かかりつけ医から「訪問リハビリテーションが必要」と認められ、介護認定をされている方

    (要支援1・2、要介護1・2・3・4・5の方が対象になります。)

訪問リハビリの主な内容

  • 摂食嚥下リハビリテーション

    嚥下評価・指導、嚥下訓練

  • 言語訓練

    失語症訓練、構音訓練、高次脳機能訓練

  • 身体機能訓練

    関節可動域の維持・改善、筋力強化の運動

  • 基本動作訓練

    寝返り、起き上がり、座位・立位の動作

  • 生活動作訓練

    食事・整容・排泄・入浴・着替えなど身の回りの動作

  • 歩行訓練

    屋内・屋外歩行訓練

  • 介護方法の指導

    ご家族の方へ動作方法や介助方法の指導

  • 住宅改修

    手すりの設置、段差解消などの提案と助言

  • 福祉用具の提案

    車椅子、杖、補助具、ベッドなど福祉用具の提案と助言