小笠原内科岐阜在宅ケアクリニック
診療時間 アクセス
小笠原内科岐阜在宅ケアクリニック

home care

在宅医療

TOP > 在宅診療 > 在宅医療

 在宅医療とは、病気や身体機能の低下により、病院への通院が難しくなった方や寝たきりの方、一人暮らしで生活が不安な方、今後通院が困難になると予想される方のご自宅へ、医師が定期的に訪問し、診療などをすることです。

当院は、在宅緩和ケア充実診療所(岐阜県第一号)・機能強化型在宅療養支援診療所に認定されており、24時間365日対応で在宅医療を提供しています。

また、当院ではシームレスケアを重視した在宅医療を行っております。シームレスとは“つなぎ目のない”という意味です。病院が自宅に変わっても、切れ目なく在宅医療に移行できます。

こんな方はお気軽にご相談ください

  • 病院に通いながら何かあった時にはすぐに自宅で診てほしい。

  • 通院は難しいけど、入院はしたくない。

  • 住み慣れた自宅で医療を受けたい。

  • 最期まで自宅で暮らしたい。

  • ●「在宅医療」を利用することで自宅での治療継続ができます。

  • ●病院での治療を切れ目なく、在宅医療に移行することができます。

「在宅医療」の長所

  • 1. 住み慣れた環境で生活ができる(自宅・施設・親族の家など)
  • 2. 入院と違い、決まりがない(起床・就寝・食事・入浴・外出・タバコ・お酒など自由に過ごしていただけます)
  • 3. 家族やペットと暮らせる
  • 4. 家庭や地域での役割が変わらない(父・母・妻・夫などそれまでと同じ役割を果たすことができる)
  • 5. 暮らしたい場所で暮らせることで、安心できる(睡眠や食事の質などが上がる)
  • 6. 急性増悪時の早期対応が可能(再入院の予防ができる)

「当院の在宅医療」の特徴

  • 1. 24時間365日対応で安心です
  • 2. 幅広い治療が可能(輸血可能)
  • 3. 一人暮らしでも大丈夫
  • 4. 心のケアを重視した在宅医療を提供
  • 5. THP+の導入でスムーズな多職種連携
  • 6. THP+の導入で遠く離れたご家族も安心
  • 7. 専門医・多職種が在籍
  • 8. 機能強化型在宅療養支援診療所に認定

■■■ THP+ とは? ■■■

THP+(ティーエイチピープラス)

THP+(ティーエイチピープラス)とは、患者さんの情報や写真をリアルタイムで閲覧することができる共有アプリです。(ご家族と患者さんに関わる多職種のスタッフのみが閲覧可能です。)
このTHP+利用によって、ご家族や多職種スタッフに情報が行き届きます。

THP+の詳細はこちら

■■■ ACP(アドバンス・ケア・プランニング)とは? ■■■

ACPとは現在の病気だけでなく、意思決定能力が低下する場合に備えて、患者・家族・医療従事者など、患者さんに関わる人があらかじめ話し合うことで、患者さんの希望や経緯を共有するプロセスのことです。当院では、患者さんの希望を叶えるために、ACPを複数回行うことが望ましいと考えています。

「在宅医療」のよくあるご質問

一人の時や夜間に、痛みや苦しみが出たらどうしよう…。
当院は、24時間365日対応していますのでご安心ください。また、夜間はしっかり眠れるよう、痛みや苦しみが出ないよう、薬などを調整し、処方しています。
お金がかかるのでは?
入院と在宅医療、どちらの自費負担が大きいかは一概には言えませんが、在宅医療だから高額な費用がかかるということはありません。詳しい費用などはお問い合わせください。
一人暮らし(独居)だから無理なのでは?
一人暮らしでも在宅医療は受けられます。(当院は、一人暮らしの末期がん患者さんも受け入れています。独居の在宅看取り実績も多数ございます)
日中は一人だけど寂しくないの?
在宅医療を開始すると、訪問看護師や医師、ヘルパーさん、ケアマネージャー、訪問入浴など多くの人が訪問します。また、『ご近所さんや民生委員さんなどいろんな人が来てくれるから寂しくない』とか『一人でいても家がいい』とおっしゃられる方も多いです。
※医師の診察には、“訪問診療(定期的に伺う)”と“往診(緊急時に伺う)”がございます。
自宅で酸素や輸血、超音波検査(エコー)はできるの?
可能です。酸素は業者さんが持ってきてくれますし、当院の在宅医療では輸血もしております。持ち運び可能な超音波もございますので、自宅で超音波検査を受けることができます。
入院中だけど自宅に帰れますか?
ご本人の希望があれば帰れます。主治医の先生や退院調整室の看護師に帰りたい旨を伝えてください。「退院が難しい」と言われたら、当院にご相談ください。(ご家族からの相談でも大丈夫です)
家族として、自宅で介護をするのが不安です。
在宅医療の一番大切なポイントは「家族が疲れないこと」です。介護保険ができたおかげで、一人暮らしでも在宅医療が受けられる時代になりました。つまり、自宅に介護者がいなくても在宅医療は受けられるので、気負わず、普段と同じように生活してください。ご家族の負担が増えないように、様々なサービスを使いながら在宅医療を提供していきますのでご安心ください。
お薬はどこでもらえるの?
お薬は、ご希望があれば調剤薬局の薬剤師さんがご自宅に届けてくれますし、ご家族が取りに来ていただくことも可能です。

在宅医療をお考えの方に相談外来を行っております。(要予約)
ご家族だけでも大丈夫です。


相談外来料

基本の相談外来

3,000円(30分未満)

時間外や特別な場合

5,000円~10,000円


お電話での受付時間

月・水・金 9:00~19:00

火・木・土 9:00~12:00(日・祝休み)


058-273-5250 メールフォームでのお問い合わせはこちら